七尾市観光協会公式サイト

能登半島のど真ん中 七尾市。古い歴史に彩られた街並み、工芸品そして海の幸をはじめ自然の味覚。ぜひ、お越しください。

TOP > 祭・イベント

青柏祭の曳山行事「でか山」 (国指定重要無形民俗文化財)

期日:5月3日~5月5日

会場:七尾市 市街地中心部

若葉萌える5月に行われる大地主神社(山王神社)の例大祭で、能登地区最大の祭礼。高さ12m、重さ20tの日本一大きな山車「でか山」3台が狭い町なかを曳き廻される。

《注目ポイント》訪れる人々が山車を曳くことができる参加型の祭り。

《見どころ》

【その1・辻廻し】

狭い路地を、建物すれすれに曳行される山車(だし)を見ずして青柏祭は語れない。
中でも、「辻廻し(つじまわし)」と呼ばれる方向転換は必見。8mの大梃子(おおてこ)に若連中が鈴なりになって、てこの原理で曳山の前車輪を浮かせ、回転用の地車を入れて辻を曲がる。

【その2・三基集合】

4日の正午すぎに、3基が神事のために山王神社に集まる。
また、5日は、七尾駅前の御祓川大通りで11時頃から14時半頃まで3基の姿を見ることができる。

【その3・曳き納め】

でか山を目的地に納めるクライマックス。納めた後は、厳かな雰囲気で七尾まだらが披露される。


 
【青柏祭 動画】こちらからご覧いただけます 

 

H28青柏祭:リーフレット・チラシ(でか山の運行情報など)

H28青柏祭:期間中の交通規制

H28青柏祭:臨時駐車場・シャトルバス情報

H28青柏祭:富山方面、金沢、輪島方面から来られる方

 

【見どころ】
5月2日夕刻、市内の人形宿に「でか山」の人形が飾られます。
5月4日正午過ぎ、3台の「でか山」が大地主神社(山王神社)にそろいます。
5月5日午前11時半頃、能登食祭市場前に3台の「でか山」がそろいます。
その後、七尾駅前(ミナクル・パトリア)と御祓川河畔に向かい再び3台の「でか山」がそろいます。

 

【Facebook】日本最大の曳山祭「青柏祭 でか山」 

【お問合せ】七尾市観光協会 TEL 0767-53-8424